加藤匠馬選手 応援歌

経歴・使用歴

三重高校-青山学院大学(2014年ドラフト5位)
中日ドラゴンズ(2015年~2021年)
・1作目:2020年開幕~2021年6月

中日ドラゴンズ 在籍:2015年〜2021年

闘志を燃やせ 気迫で守り抜け 勝利の歓声 受けて羽ばたけ

寸評

三重県出身、球界屈指の強肩を持つ捕手。三重高では春の甲子園に出場し、山崎康晃選手擁する帝京高と対戦している。

青山学院大を経て、2014年のドラフト5位でドラゴンズに入団。しかし、打力に課題があるとされ、4年目の2018年までで出場試合は合計5試合、打席数はわずかに2であった。

転機となったのは5年目の与田監督の就任。肩の強さを買われ、主戦捕手に抜擢された。後半戦は2軍落ちも経験するも、この年だけで245打席に立ち、翌シーズン前に専用応援歌が作られた。

応援歌は8小節のオーソドックスな構成ながら、マイナー調の渋い雰囲気のもの。しかし、2020年、21年はコロナ禍で応援活動に成約があり、2021年6月に加藤翔平選手とのトレードでマリーンズに移籍したため、実際に使用される機会には恵まれなかった。

-中日ドラゴンズ過去の応援歌
-