福田周平選手 応援歌

経歴・使用歴

広陵高校−明治大学−NTT東日本(2017年ドラフト3位)
オリックス・バファローズ(2018年〜)
・1作目:2020年開幕〜

オリックス・バファローズ 在籍:2018年〜

【前奏:機先を制するため ここで口火を鑽れ】
勇み立てよ 覚悟を決めた心で 雄渾と戦う様は 勝鬨誘う



寸評

大阪府出身、大学日本代表でもキャプテンを務めた俊足巧打の内野手。広陵高ではファイターズに進む有原航平選手と同期。3年時には主将を務め、春夏ともに甲子園に出場。春の甲子園ではベスト4まで進出した。

明治大では2年春のリーグ戦で二塁手としてベストナイン、3年秋には遊撃手でベストナインを獲得するなど、東京六大学屈指の内野手として活躍。タイガースに入団する糸原健斗選手とともにチームを牽引した。

NTT東日本入社後もすぐに遊撃手のレギュラーに定着。2年目には指名漏れを経験するも、3年目には都市対抗のMVPにあたる橋戸賞を受賞し、バファローズから3位指名を受けて入団した。

プロ入り後は開幕直後に1軍に昇格するとそのまま定着。後半戦からは二塁のレギュラー格として113試合に出場した。すると翌2019年シーズン前にプロ入り2年目ながら異例の主将抜擢。2019年も1年間二塁のレギュラーを務め、583打席を消化。2020年開幕前に満を持して専用応援歌が作られた。

応援歌はバファローズらしく、重厚で革新的な雰囲気のもの。前奏には上位打者らしく「口火を鑽れ(きれ)」「機先を制する」などの文言が盛り込まれた。コールは「周平! 周平! かっとばせー!」

-オリックス・バファローズ
-

© 2020 プロ野球応援歌まとめ Powered by AFFINGER5