石川雄洋選手 応援歌

経歴・使用歴

横浜高校(2004年ドラフト6巡目)
横浜/横浜DeNAベイスターズ(2005年~)
 1作目:2009年開幕~

横浜/横浜DeNAベイスターズ 在籍:2005年〜

【1作目:2009年開幕~】
栄冠掴むその日まで 恐れず飛び込めベースへ 君の熱き血潮で 燃えろ! 雄洋!



寸評

静岡県出身、地元横浜高校から直接ベイスターズに入団した内野手。高校の1年先輩には荒波翔選手、成瀬善久選手、同期には涌井秀章選手がいる。

高卒野手としては比較的早く、2年目の終盤に1軍デビュー。3年目は開幕1軍を勝ち取り、4月初旬に初安打を放った。なお、当時はスイッチヒッターに挑戦しており、初安打は右打席で放った。

4年目の2008年には1軍に定着。273打席に立つと、翌2009年の開幕前に専用応援歌が設定された。

応援歌はベイスターズでは珍しく、7・8小節目の手拍子のリズムが若干変わる。

歌詞にはヘッドスライディングをもいとわない果敢なプレースタイルから、「恐れず飛び込めベースへ」という文言がはいった。

その後長らくベイスターズの二遊間を守り、球団がDeNAに譲渡された後、横浜DeNAベイスターズの初代キャプテンも務めた。

1番を務めることも多かったため、試合開始のファンファーレの後、石川選手の応援歌に入るのがおなじみとなり、ファンに長く愛される応援歌となった。

-横浜DeNAベイスターズ
-

Copyright© プロ野球応援歌まとめ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.