塩見泰隆選手 応援歌

経歴・使用歴

武相高校−帝京大学−JX-ENEOS(2017年ドラフト4位)
東京ヤクルトスワローズ(2018年〜)
・1作目:2020年開幕〜

東京ヤクルトスワローズ 在籍:2018年〜

宿す魂 その剣に乗せ 風を切り裂き 鮮やかに駆ける


寸評

神奈川県出身、スポーツ選手の両親から受け継いだ、抜群の身体能力が武器の外野手。

武相高ではファイターズの井口和朋選手、帝京大ではタイガースの青柳晃洋選手、JX-ENEOSではベイスターズ斎藤俊介選手、ジャイアンツ若林晃弘選手とそれぞれ同期。

ドラフト4位指名ながら即戦力の期待高く、一桁の背番号「9」を与えられた。

1年目の2018年はファームで打ちまくるも、一軍ではなかなか結果を出せず1安打に終わる。2年目は開幕一軍こそ掴むが、そのまま定着とはいたらなかった。それでも後半戦から一軍での出場機会を増やし、最終的に98打席に立ったため、3年目の2020年開幕前に専用応援歌が設定された。

曲調は8小節のオーソドックスなスタイルながら、鵜久森淳志選手のような、重厚感を感じさせるもの。歌詞では「風を切り裂き鮮やかに駆ける」と俊足を活かした活躍が期待されている。なお、3小節目の「剣」は「つるぎ」と読む。

-東京ヤクルトスワローズ
-

© 2020 プロ野球応援歌まとめ Powered by AFFINGER5