関根大気選手 応援歌

経歴・使用歴

東邦高校(2013年ドラフト5位)
横浜DeNAベイスターズ(2014年〜)
・1作目:2021年〜

横浜DeNAベイスターズ 在籍:2014年〜

うちに秘めた想い 一打に懸けろ 走り出すその先には 大気の夢がある

寸評

愛知県出身、高い身体能力とストイックな姿勢を持つ外野手。東邦高では甲子園出場なし。しかし、2年生の後半から打撃にも磨きがかかり、2013年ドラフトでベイスターズから5位指名を受けて入団。高卒の同期には砂田毅樹選手がいる。

下位指名ながらも台頭は非常に早く、1年目の10月に1軍デビュー。2年目には開幕1軍入りを果たし、144打席を消化。3年目にはクライマックスシリーズ出場も果たした。しかし、その後は出場機会を急速に減らし、6年目まで年間30打席弱で推移。長く左打者汎用の「必殺バットマン」の応援歌を使用していたが、7年目の2020年シーズンはプロ入り後初の1軍出場なしに終わった。

しかし、2021年シーズンに三浦大輔監督が就任すると、梶谷選手のFAで空いたセンター候補の1人として名前が挙がり、オープン戦までに強烈にアピール。開幕1軍、開幕スタメンが期待されたため、前年度1軍出場なしのなかで異例の専用応援歌設定となった。

曲は変ロ長調でリズム感に溢れる8小節。歌詞にはクールなプレースタイルからか「うちに秘めた想い」というフレーズ、そして年々少なくなってきたチャンスを掴むべく「一打に懸けろ」との強いメッセージが入った。歌詞には下の名前「大気」が盛り込まれているが、コールは名字で「関根」とコールする。

-横浜DeNAベイスターズ