内川聖一選手 応援歌

経歴・使用歴

大分工業高校(2000年ドラフト1位)
横浜ベイスターズ(2000年〜2010年)
・1作目:2002年〜2010年
福岡ソフトバンクホークス(2011年〜2020年)
・1作目:2011年〜2020年
東京ヤクルトスワローズ(2021年〜)
・1作目:2021年〜

東京ヤクルトスワローズ 在籍:2021年〜

勝負に懸ける 男 花咲かせろ 華麗に打ち捌く球は 空へ消える

福岡ソフトバンクホークス 在籍:2011年~2020年

右に左に捌け コースを絞って 狙い澄まし 内川打て

横浜ベイスターズ 在籍:2001年~2010年

波間に熱く光る ダイヤモンドの主役 勝利へ走れ 内川 Go Go

寸評

大分県出身、シーズン右打者最高打率記録を保持し、両リーグで首位打者に輝いた稀代のヒットメーカー。愛称は「ウッチー」。大分工業高では監督の父と親子鷹で甲子園を目指すも出場なし。それでも大型遊撃手としての評価は高く、2000年ドラフトにてベイスターズから1位指名を受け入団。

怪我がちながら台頭は早く、2年目には73打席を消化。3年目の2002年の開幕前に専用応援歌が設定された。

応援歌はベイスターズ創設時に高木豊選手に作られたものを流用。プレースタイルから2小節目の「渋く」は「熱く」に変更され、7小節目の「豊」は上の名前で「内川」となった。この後、怪我や送球難があったものの、5年目には完全にレギュラーに定着。2008年にはシーズン右打者最高打率記録(.378)を樹立した。

2010年にはアイドルグループ「東京女子流」が応援歌をもとにした楽曲「頑張って いつだって 信じてる」をリリース。応援歌に原曲が存在することはしばしばあるが、応援歌が楽曲のもととなったケースは非常に珍しく、内川選手自身も一時期出囃子として使用した。

2010年オフにFA権を行使し、地元九州のホークスへ移籍。主軸としての活躍が見込まれたため、翌年開幕前に専用応援歌が作られた。ホークスでの応援歌は短調で重厚感溢れるもの。「捌け」「狙い澄まし」など、ヒットメーカーを表す歌詞が盛り込まれた。移籍初年度にはいきなり首位打者を獲得し、両リーグで首位打者を獲得。

その後約10年主軸として君臨するも、2020年はプロ入り以来初の1軍出場なし。出場機会を求めてスワローズへ移籍した。

スワローズでも開幕前に応援歌が作られ、期待の高さが示された。応援歌はホークスに引き続き短調のオーソドックスなもの。歌詞には引き続き「捌く」の文言が入った。

-東京ヤクルトスワローズ
-, ,